不動産コンサルティングとは

不動産情報-賃貸物件情報

トップページ > 不動産コンサルティングとは

不動産コンサルティングとは

不動産コンサルティングとは、不動産を所有している人やこれから不動産を取得しようとする人の求めに応じて、その有効活用や取得しようとする不動産の価格査定・事業採算など、不動産の取得、利用、処分その他これらに関する事柄についてアドバイスや貴客提案を行う業務です。

不動産業者は、不動産の開発や分譲、不動産の売買や賃貸の仲介、不動産の賃貸、不動産の菅理等の業務を行っていますが、これらの業務に関して、日常、お客様からの様々な相談に応じており、多くの知識、経験を積み重ねています。
しかし、最近の傾向として、顧客の不動産に対するニーズの高度化、多様化に伴って、益々高度のコンサルティングが求められるようになってきています。そこで、お客様からのニーズに応えるために生まれたのが不動産コンサルティング技能登録制度です。

不動産コンサルティングの活用を

不動産業者には、不動産開発・分譲事業、不動産仲介事業、不動産賃貸事業、不動産菅理事業など幅広い業態があります。このような業務に関して、不動産コンサルティングといっても、広範囲で多様な内容をもっています。

どんな場合に不動産コンサルティングを活用したらよいかを以下に例示してみました。

 ○土地所有者が自前で土地を有効活用したい場合
   資産を売却せず保有したままで有効活用したいお客様にはその保有土地等の有効活用の具体的プランを作成提案します。

 ○土地所有者がデベロッパーと、共同で土地を有効活用したい場合
   コンサルティングを行いながら、土地所有者の方と共同事業という形で有効活用事業を進めます。

 ○土地所有者が相続税対策や資産運用上、不動産の処分、取得をしたい場合
   処分希望と取得希望の双方に時期や方法等を具体的にご提案いたします。

 ○不動産の賃貸借やその他不動産に係る問題についてアドバイスが欲しい場合
   不動産に関係ある案件について、依頼者の立場にたったプランのチェック、その他アドバイスを行います。